クリニック紹介 ドクターのコラム

しみについて

南青山スキンケアクリニック美容皮膚科の医師によるコラムです。
美容や健康に関連したコラムを不定期に更新していきます。

しみの話

一般にしみと言われているものにはいくつか種類があり、それぞれにちゃんと名前があります。
一番有名であろう『加齢性色素斑』は、主に紫外線の影響により出てくるしみで、大きさ、濃淡など様々ですが、多くは類円形で茶色いしみです。小さくて薄いものであれば若い方でもお持ちである可能性があります。日焼け止めの使用により予防することが可能です。

(1)幼い頃から鼻をまたいで両頬までごく小さな茶色いしみが点々とみられ、(2)ご家族にも同じ症状の方がいらっしゃる・・・それは『雀卵斑』です。紫外線の影響により濃くなることがあります。こちらも日焼け止めの使用により症状を軽減させることが可能です。

肝斑』は最近ではCMなどで耳にされたことがあるかもしれませんが、顔面に左右対称に生じる淡いけれど形がくっきりとした褐色のしみです。よく知られている頬の上以外にも、おでこや顎にかけて出現する場合もあります。このしみは紫外線だけではなく、女性ホルモンも関与しているため、多くの場合が女性でみられます。

まだ原因がはっきりと分かっていないしみもあります。『後天性真皮メラノサイトーシス』というしみです。このしみも通常は左右対称に頬に生じます。水玉模様のような丸いしみが数個あり、それが少し灰色がかった茶色をしていたら、このしみを疑う必要があります。

しみの種類によりその治療方法も異なります。

代表的なしみの治療としてレーザー治療や光(可視光線)治療がありますが、しみの種類や状態によって治療期間や施術の回数が異なります。

それぞれにメリット、デメリットがありますので、少し比べてみましょう。

  レーザー治療 光治療
効果 しみの部分で増えているメラニンを含む細胞を破壊し、正常な色の表皮を再生させる しみの部分で増えているメラニンを 含む細胞に損傷を与え、ターンオーバーを亢進させて正常な表皮の色に戻す
痛み 高いパワーで照射する際には
塗ったり貼ったりする麻酔が必要
麻酔なしでも施術可能
反応 カサブタができる。
照射した周りにも
赤みや軽い腫れが出ることがある。
ハッキリとしたカサブタはできない。
赤みは数時間のみ。
治療期間・回数 通常1~2回の施術で完了
2回目が必要な場合には
2~3ヶ月後再照射
通常約1ヶ月に1回の施術を4~5回
ダウンタイム 10日前後 当日よりメイク可能
色素沈着 濃くできることがある。通常2~3か月 できてもごく軽度、短期間で回復
価格 しみの数、大きさによる 回数がかかるため割高
その他 あくまでもしみの治療 しみ以外に赤ら顔、毛穴の開き、小じわの治療も可能
合併症 強い炎症後色素沈着を生じることがある。 一時的なもののみで、ほぼなし

後天性真皮メラノサイトーシスの場合4~5回の照射(間隔も4~5か月)が必要

この他、肝斑の場合には内服薬の併用が必要です。

いずれの治療においても、その効果を最大限に引き出すためには、日焼け止めの使用が非常に重要です。SPFやPA値の高いものでも、日中の塗り直しを怠るといつの間にか日焼けしている……なんてことがありえます。また、治療後に色素沈着が生じた場合には、ハイドロキノンなどの美白剤を使用することで、回復を速めることができます。

いずれにしても、しみの治療には根気が必要です!! 知識を持って治療に臨めば、長い治療も乗り切れるのではないでしょうか。

問い合わせフォーム

ページトップ

クリニック紹介
診療科目

今月のキャンペーン

アクセス

ご予約・お問い合わせはこちらから

ご予約はこちら

お問い合わせはこちら

03-5464-1656

住所:〒107-0062
東京都港区南青山5-14-7
アヴァン南青山B1
銀座線、半蔵門線、千代田線
表参道駅 B1出口より徒歩7分

アクセスはこちら