ウィルス性いぼ
ウィルス性いぼ(尋常性ゆうぜい)は手や足にできるいぼで、子供から大人まで、よく見られる病気です。皮膚科では「液体窒素で焼く」という治療が一般的(週1回〜2週に一度くらいのペースで治療)です。
この病気はウィルス(ヒトパピローマウィルス)感染が原因で、プールや公衆浴場などで、いぼのある人から感染することが多いと考えられています。
また、一度どこかにできると、自分の体のほかの部位にも広がっていくことがあります。子供のうちはまだ治りやすく、大人になると難治性です。

ウィルス性いぼ
希望される方に自費診療として行っています。
保険診療でのウィルス性いぼ(尋常性ゆうぜい)治療を希望の方には、液体窒素での治療を行います。

レーザーによるストリッピング法
ウィルス性いぼ(尋常性ゆうぜい)の治療法で、局所麻酔し、いぼ部分を根こそぎレーザーで切除します。
ウィルス性いぼが皮膚表面にポコっと隆起していて、皮膚の伸びが良好な部位の場合に適します。
このようなケースでは、1回の治療での完治率が非常に高い傾向があるからです。
もしも再発してしまったときは無料で再治療を行う、完全保障制度を行っています。

レーザーによるストリッピング法
1. 非常に細い針で局所麻酔をします。
2. 炭酸ガスレーザーで周囲からいぼを剥離。
3. いぼ部分を丸ごと摘出。
4. 摘出した後は陥凹するので、人工皮膚で保護し絆創膏で固定。
5. 1〜2週間はテープ固定したままとなります 。
6. その後は色素沈着を防ぐため美白剤を外用していただきます。
1回の治療は10分程度です。

いぼ
料金表
 
 
 
   
lいぼ治療/皮膚科|
|ウィルス性いぼ治療/注射l
TopOfPage