保険診療 多汗症・わきが(保険診療) 気になる脇の汗と臭い、多汗症はクリニックで治しましょう。

わきが・多汗症でお悩みの方へ(保険適応あり)

ワキガは腋臭症(えきしゅうしょう)と呼ばれ、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で強い臭いを発する症状で、運動時などにかく汗の臭いとは異なる特有の臭いがします。
ワキガ、多汗症は手術での完治治療やレーザー機やボトックス注射など様々な方法があります。
原発性腋窩多汗症に対してのボトックス注射は保険適用が可能です。

こんな方にオススメです。

  • 緊張しやすく汗をかきやすい
  • ワキの臭いが気になる
  • 外出先でワキの下を拭きたくなる
  • ワキの部分に汗じみができる
  • 自分の体臭が気になる
  • ワキの臭いが強く、周囲の人から指摘される
  • ワキの汗ジミが黄色くなる

多汗症治療 ボトックス注射

洋服の汗じみ、気になる汗のにおい・・・
わき,手,足の多汗症治療に当皮膚科のボトックス注射をお勧めします。
「ボトックス治療」で、サラサラ素肌で過ごせます。

ボトックス(BOTOX)注射は、ボツリヌス菌毒素を原料とし安全に加工された医薬品。ボトックスの多汗症治療は、わきの下や手のひら・足の裏などに汗をかきやすい人の治療として簡単・安全でとても効果的な治療方法です。

方法は、汗をかきやすい部位の皮膚にボトックスが含まれる薬液を注射するだけ。細い針で注射していきますので、痛みの程度はチクッとする程度です。腫れや内出血もほとんどありませんので、気軽にご相談下さいませ。

わきの下や手のひら・足の裏などは緊張による精神的発汗の盛んな場所。ボトックスは皮膚に注射することで汗を分泌する「エクリン腺」の働きをストップします。

ボトックス注射による保険適用でのワキガ治療

エクリン腺からの汗の分泌を少なくすることでワキガの臭いは起こりにくくなるとされています。当皮膚科では保険適用でのボトックス(BOTOX)注射治療を行っています。ボトックス注射は、ボツリヌス菌毒素を原料とし安全に加工された医薬品。ボトックスの多汗症治療は、わきの下に汗をかきやすい人の治療として簡単・安全でとても効果的な治療方法です。

治療方法は、汗をかきやすいワキ部位の皮膚にボトックスが含まれる薬液を注射するだけ。細い針で注射していきますので、痛みの程度はチクッとする程度です。腫れや内出血もほとんどありませんので、気軽に治療のご相談下さい。わきの下は緊張による精神的発汗の盛んな場所。ボトックスは皮膚に注射することで汗を分泌する「エクリン腺」の働きをストップすることでワキガを抑えます。
当院では簡単・安全でとても効果的なアラガン社のボトックス注射を保険適用でご提案しております。
こちらにワキの汗でお悩みの方へのボツヌリス療法についてのハンドブックもご用意しておりますので合わせてご参考にして下さい。⇒ワキ多汗症に対するボツヌリス療法ハンドブックpdf書類

原発性腋窩多汗症のボトックスによる治療は、外用薬の効果が不十分な場合や、副作用により外用療法の継続が難しい場合の第二選択として位置づけられます。

ボツリヌス療法により、外用剤のみでは症状が抑えられなかった患者様の新しい治療の選択肢が与えられました。

臨床試験においてボトックス注射は原発性腋窩多汗症患者の96.2%において発汗重量を50%以上減少させた結果が出ています。

効果持続時間も40週近くに及び、プラセボ群と比較して非常に効果的であることが実証されています。

発汗のしくみとボトックスの作用

皮膚には汗腺があり、そこから発汗しますが、そのコントロールは脊髄から交感神経節を通じて行なっています。交感神経節後ニューロンからアセチルコリンという物質が放出されるとそれに刺激された汗腺が発汗するという仕組みになっています。

ボトックスは汗腺からの発汗を調整する交感神経節後ニューロン終末からのアセチルコリン放出を阻害し、神経から汗腺への情報伝達を遮断することで、発汗量を減少させるのです。

なぜ、ワキガが改善するのか

わきの汗とにおいは 2種類の汗腺(汗を作って出す場所)に関係しています。エクリン汗腺はさらさらの汗を分泌し、アポクリン汗腺はフェロモンのような物質を分泌。
わきのにおいつまりワキガは、これらの汗腺からの分泌物が混ざりあい細菌に分解され、発生するのです。

ワキガの臭いの原因を作るアポクリン腺は、右図のように毛に付着して存在。 医療レーザー脱毛で、毛根部と一緒にアポクリン腺もダメージを受けるため、ワキガの臭いが軽減されると言われています。この時レーザーの出力が高いとそのアポクリン腺のダメージも強く起きるのです。

ボツリヌス療法による腋以外の多汗症治療

現在、原発性腋窩多汗症(ワキの多汗症)以外の多汗症についてはボトックス注射の保険適用は認められておりません。ですので手足の多汗症頭部や顔の多汗症に関しては自費での治療になります。当皮膚科ではボトックスを始めとしたボツリヌス菌毒素を原料とし安全に加工された薬剤の注射治療を行っています。

保険でのワキ多汗症治療の流れ

STEP 1.診察前
当院では保険診療はご予約承っておりませんので、直接受付時間内に保険証をお持ちになってご来院下さい。
STEP 2.診察後
診察を受け、治療の必要性があると診断された場合、同意書にサインをして頂きます。
※当日の治療は出来かねますのでご了承下さいませ。
STEP 3.施術前
同意書に基づき、当院より指定機関に申請をさせて頂きます。審査が通れば、薬剤が当院に提供されます。
※薬剤は診察日より約1週間~10日程度で届きます。
STEP 4.予約&施術
治療のご予約を取って頂き、施術となります。治療の場合、麻酔(自費¥2,100~)のご用意もございますので、ご希望の際はご予約時にスタッフまでお伝え下さい。
 
<注意事項>
当院では、15歳未満の方の治療に関しましては承っておりません。また、未成年の方(15歳以上~20歳未満)の方に関しましては、保護者の方と一緒にご来院をお願いしております。

自由診療での多汗症治療について

保険診療との違い

○ご予約頂き、当日の治療が可能です。
○効果が物足りないと感じる方は診察時に注入量を医師へご相談頂くことも可能です。
○効果の持続が短いと感じる方は3ヶ月以上経過後であれば再注入可能です。
※200単位の場合は医師が診察時に判断致します。

使用製剤
ニューロノックス(メディトックス社/韓国) 韓国のKFDA(日本の厚生労働省にあたる)に認可された、効果と安全性の高い製剤です。 アラガン社製ボトックスを目標に新開発された次世代の高純度のボツリヌス製剤で、効果や濃度はボトックスと同等と考えられています。 KFDA(韓国食品医薬品安全庁)の認可を得て世界30カ国で使われ、日本国内でも多数の症例があります。

わきが・多汗症治療の料金

部   位 ボトックスビスタ ニューロノックス
両わき 100単位(保険適用) ¥30,000程度  
両わき 100単位 ¥100,000 ¥70,000
⇒¥22,500

両わき 50単位

  ¥40,000
⇒¥15,000
両わき 150単位   ¥100,000
⇒¥35,000
両わき 200単位   ¥120,000
⇒¥45,000
両手のひら ¥120,000
⇒¥90,000
¥80,000
⇒¥37,000
両足の裏 ¥120,000
⇒¥90,000
¥80,000
⇒¥37,000
生え際(額) ¥90,000
⇒¥70,000
¥65,000
⇒¥31,000

問い合わせフォーム

ページトップ

診療科目

今月のキャンペーン

アクセス

ご予約・お問い合わせはこちらから

ご予約はこちら

お問い合わせはこちら

03-5464-1656

住所:〒107-0062
東京都港区南青山5-14-7
アヴァン南青山B1
銀座線、半蔵門線、千代田線
表参道駅 B1出口より徒歩7分

アクセスはこちら