美容診療 しみ・くすみ・肝斑 しみ、くすみ、のない若々しく美しい素肌のために。

オーダーメイドのしみ・くすみ・肝斑治療

しみは老化や紫外線、女性ホルモンの影響、炎症からの色素沈着など様々な種類があります。しみが出来る要因には、ストレス、加齢、お肌へ負担を掛ける肌質に合わない化粧品、生活環境・食生活の乱れなど、さまざまなダメージが複雑に関わっています。

特に女性の肌はとてもデリケートに扱う必要があります。 当院ではカウンセリング時に患者様に最適なオーダーメイドのしみ治療をご提案します。しみの種類を判断し、専門医師の治療で若々しく美しい素肌を手に入れましょう。

こんな方にオススメです。

  • しみ・そばかすが気になる方
  • ニキビ跡が濃くなって目立ってきた
  • しみのせいで老けて見られる
  • 肌のくすみが気になる
  • 年齢とともにしみ、そばかすが目立つ
  • 頬にある左右対称のしみが気になる
  • 肝斑が気になる

しみの種類

当院で治療をする「しみ」は、大きく分けて2種類あります。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

加齢と共に出てくる色素班です。紫外線をよく浴びる手、前腕、顔などに見られます。濃い褐色の境界のはっきりしたしみです。
老人性と付いていますが、お年寄りにのみできるわけではなく、20代くらいから徐々にでき始めてくるしみです。

顔全体のしみや、皮膚の色の黒い方など色素沈着の体質の方には、カサブタを作らずにマイルドに薄くしていく、フォトフェイシャルを用いてのしみ治療か、お肌のメラニンをピンポイントで破壊することでしみを薄くしていくスペクトラ・QスイッチYAGレーザー治療が適しています。

このしみのおススメ施術
肝斑(かんぱん)

30~40代の女性に多く見られる、頬や鼻の下、目の下、額、口の周りに左右対称にできるしみです。色がレバーの色に似ていることからその名が付いたとされています。
女性ホルモンのバランスが大きく関係していると言われており、妊娠中やピルの服用、心理的原因、肝機能障害、皮膚への刺激など様々な原因説があります。また、「静かな炎症を伴うしみ」とも言われ、色素沈着の原因には体質的な慢性炎症がベースにあるという説もあります。

このしみのおススメ施術
脂漏性角化症(老人性イボ)(しろうせいかっかしょう)

加齢が原因によるいぼで「老人性いぼ」と言われるしみです。老人性と付いていますが、お年寄りにのみできるわけではなく、20代くらいから徐々にできはじめます。主にしみが硬く盛り上がったような茶色いしみをいいます。皮膚が軟らかく垂れ下がる場合は「軟線維腫」と言います。

このしみのおススメ施術
炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

ニキビ跡、化粧品かぶれ、やけど、湿疹(アトピー)など、皮膚に炎症を起こした時にできるしみです。紫外線にあたるとさらに濃くなってしまうので注意が必要です。

このしみのおススメ施術
雀卵斑(じゃくらんはん)/そばかす

小さい茶色い斑点で鼻の周りに細かく出ます。遺伝的要因が強く、両親にある場合は子供の頃から出てくる事が多くあります。

このしみのおススメ施術

ページトップ

しみ・そばかすの原因

しみの元であるメラニンですが、通常メラニン色素は紫外線から細胞の核を守るバリアの役目があります。メラニン色素はターンオーバー(新陳代謝)を繰り返すことで垢となって剥がれ落ちます。このターンオーバーが乱れるとメラニンが正常に排出できなくなり、その滞りが色素沈着を起こすためしみとなります。

  • 肌は紫外線を受けるとメラノサイト(色素細胞)がメラニン色素を生成し、紫外線を吸収する事で身体を守っています。
  • 正常なターンオーバー(新陳代謝)では約28日のサイクルで、メラニン色素は通常の角質と一緒に垢としてはがれ落ちます。
  • 長時間の紫外線によりメラノサイトが活発化すると過剰なメラニンが生成されます。この過剰なメラニンが加齢やストレス、ホルモンの影響で正常にターンオーバーされずに滞ったものがしみとなります。

しみ・くすみ・肝斑の治療方法

問い合わせフォーム

ページトップ

診療科目

今月のキャンペーン

アクセス

ご予約・お問い合わせはこちらから

ご予約はこちら

お問い合わせはこちら

03-5464-1656

住所:〒107-0062
東京都港区南青山5-14-7
アヴァン南青山B1
銀座線、半蔵門線、千代田線
表参道駅 B1出口より徒歩7分

アクセスはこちら