美容診療 ピアス ピアスの穴あけは医療行為です。

ピアストラブル110番

ピアスの穴あけは安心・安全な皮膚科病院での穴あけをお勧めします。

Q1.夏場はピアス穴あけは避けた方が良い?
きちんとしたケアさえして頂ければ、当皮膚科ではオールシーズンピアスの穴あけは可能です。
ただし、傷口を作ることになるので、きちんとピアスホールが形成するまでの間(部位によっても期間は異なりますが1~3ヶ月程度)は海やプールに行くことを控えた方が無難ですね。
Q2.金属アレルギーが有るのですが、ピアス穴あけをして大丈夫?
絶対に大丈夫という事は申し上げられませんが、当皮膚科で使用しておりますピアスは医療用のチタンやステンレスを使用している為、ほとんどアレルギーが出る方はいらっしゃいません。
※当皮膚科では金属アレルギー検査は行っておりません
Q3.穴あけした後、直ぐに自分で買ったピアスに付け替えたいのですが・・・・。
きちんとピアスホールが出来ていない間に取り替えてしまうと、傷口から雑菌が入り化膿したり、セカンドピアスの素材によってはアレルギーを誘発する可能性が。
せっかくあけたピアスホールを閉じなければならなくなると困りますよね。
ピアスホールがきちんと完成するまでの間は、ファーストピアスで我慢しましょう。
Q4.耳のピアス穴あけによって神経に触れて失明などはしないの?
うわさ話ではよく聞きますが、実際にはピアス穴あけにより失明したというのは当皮膚科でも今まで一切ございません。
また、視神経は脳の中に存在しており、耳たぶにはありません。
Q5.穴あけ後の消毒液は、市販のオキシドール等では駄目?
オキシドールや消毒用エタノールですと、刺激が強くかぶれ易いので、避けた方が良いですね。
当皮膚科では、炎症を起こさないためのお薬を処方いたします。
Q6.痛がりなので、ピアス穴あけがすごく不安なのですが・・・?
当皮膚科では必要に応じて麻酔を使用させて頂いております。
どの箇所も一瞬で終了します。「耳たぶピアス穴あけ」でしたら、ほとんどの方が麻酔を使用致しませんが、ご心配でしたらお気軽にご相談下さい。
※ピアス穴あけ時の麻酔は、細い針で注射をするのが一般的です。
Q7.ピアス開けショップと医療機関(皮膚科)では穴あけの違いはあるの?
ピアスホール形成は医療行為です。
アフターケアが重要ですので、きちんとしたアフターケアをしてもらえる医療機関での治療をお勧め致します。
当皮膚科ではアフターケア用の独自のパンフレットもお渡ししています。

問い合わせフォーム

ページトップ

診療科目

今月のキャンペーン

アクセス

ご予約・お問い合わせはこちらから

ご予約はこちら

お問い合わせはこちら

03-5464-1656

住所:〒107-0062
東京都港区南青山5-14-7
アヴァン南青山B1
銀座線、半蔵門線、千代田線
表参道駅 B1出口より徒歩7分

アクセスはこちら