保険診療 ほくろ気になるお顔のほくろを除去してみませんか。

ほくろ除去はレーザーできれいに取ることができます。

ほくろのタイプとレーザー治療

ほくろの除去は、ほくろのモトである母斑細胞を完全に取りきることが必要。また、できるだけ傷を残さないためには必要最小限の範囲だけを除去することが必要です。特に顔のほくろの場合などはなおさらですね。

完全に母斑細胞を除去し、傷をできるだけ残さないためには、当皮膚科でほくろ除去に使用している炭酸ガスレーザーが効果的。炭酸ガスレーザーは、ピンポイントで深く母斑細胞を除去することができるために、ほくろの除去に適しているからです。

臨床病理組織型(ほくろのモトである母斑細胞が、皮膚の中にどのように存在しているかで分ける分類法)として、下記のタイプ別分類があります。

Meischer型

顔のほくろに多いタイプ(顔のほくろは、Miescher型が96%を占めます)。

外観は表面が丸く盛り上がっているものが多い。

母斑細胞は真皮上層から深層まで存在しますが、くさび状に細く深く存在しているため、そこだけを炭酸ガスレーザーで細く・深く蒸散すれば、傷が残りにくい。よって比較的直径が大きいほくろでも、跡が残りにくい。

Clark型

体のほくろに多いタイプ。

外観は表面が平らに軽度隆起しているものが多い。

母斑細胞は主に表皮内に存在し真皮の上層部までに留まるケースが多いが、メラニン色素を含んだ母斑細胞が深くまで存在している場合や直径が大きいほくろでは、外科的除去の方が適することもあります。

Unna型

足の裏や手のひらに多いタイプ。

外観は表面が乳頭状に隆起しているものが多い。

母斑細胞は真皮上層までですが、比較的幅が広く存在しているケースが多く、メラニン色素を含んだ母斑細胞が深くまで存在している場合や直径が大きいほくろでは、外科的除去の方が適することもあります。

レーザー治療での除去が適するのは下記のタイプです。

  • Meischer型のほくろ
  • Clark型またはUnna型で、浅い小さめのほくろ

※個々のケースについては、診察の上、医師が判断致します。お気軽にご相談下さい。
※未成年の方へのほくろ除去治療は行なっておりません。

問い合わせフォーム

ページトップ

診療科目

今月のキャンペーン

アクセス

ご予約・お問い合わせはこちらから

ご予約はこちら

お問い合わせはこちら

03-5464-1656

住所:〒107-0062
東京都港区南青山5-14-7
アヴァン南青山B1
銀座線、半蔵門線、千代田線
表参道駅 B1出口より徒歩7分

アクセスはこちら