保険診療 いぼ難治性ウィルス性いぼを完治させ肌トラブルを解消しましょう

ウィルス性いぼは非常に再発性が高いイボで悩まれている方が多くいます。

ウィルス性いぼ治療Q&A

Q1.これまで他の病院の皮膚科で、ウィルス性いぼの液体窒素の治療を受けてきました。しかし長年治療していましたが、良くなりません。どうしてですか。

ウィルス性いぼ[尋常性ゆうぜい]はヒトパピローマウィルスの感染が原因です。小さな傷があると、プール・公衆浴場などで他人からうつります。場所としては足の裏・手足の指にできることが多く、いぼ表面に赤黒い砂粒のように血管の断端がポツポツと見られる「点状出血」があるのが特徴で、それによって診断されます。

いぼの液体窒素の治療は、皮膚を低温やけどさせることで皮膚に炎症を起こさせます。これは、いぼのウィルスを焼いて殺しているわけではなく、皮膚が炎症を起こし、それによって皮膚の免疫機能が一時的に高まることを目的としています。よって、

  • 液体窒素での効果は個人差が大きく、また体調によっても効果に差がでます。
  • 皮膚の表面から焼くので、皮膚の奥まで免疫の活性化が起きにくい。
  • 液体窒素で焼く強さは、医師の“勘”で行うためにやりすぎてしまったり(水疱ができる等)、逆に弱く焼いて効果がなかったり、ということが起こりえます。

Q2.では、なぜ液体窒素でのウィルス性いぼ治療が広く一般的に行われているのですか。
日本では健康保険を使っての医療が一般的です。この場合、治療費の大部分を税金で補っているためコストの安い治療法が選択されるのです。そして保険診療での治療内容については厚生労働省で決められた指針に基づき行うことが健康保険法により定められており、各医師が好きな治療法を選択することができません。しかし自費診療の場合は、医師の裁量権により、医師個人が効果的であると判断した治療法を行うことが可能です。このため当皮膚科ではウイルス性いぼ(尋常性ゆうぜい)に対して、注射による治療およびレーザーによる治療を行っております。
Q3.こちらのクリニックでウィルス性いぼ治療を受けたいと思うのですが、私の場合は注射によるいぼ治療とレーザーによるいぼ治療のどちらが良いのでしょうか。
注射、レーザーそれぞれに長所および短所がありますが、まず、いぼのできた場所によって治療法が決まります。
  • 足の裏・手足の指周囲のいぼは、基本的に注射治療。
  • ほっぺたなどの、皮膚をつまんだ時によく伸びる場所のいぼは、基本的にレーザー治療。
この理由としては、レーザーによるいぼのストリッピング法は「皮膚の伸展が良好な部位」での治療に適しているためです。これは、医師の左手でいぼ部分をぐいっとつまみあげ、正常皮膚との境界部分を認識しながら、右手でレーザーを用い境界部で切除していくためです。いぼのウィルスは表皮に感染していますが、表皮の肥厚による真皮層の圧迫および血管増殖・拡張で、いぼ周囲はとても出血しやすい状態です。よって、上手に境界部位で切除しないと、途中で出血により治療範囲が見えなくなってしまうので、こうなると、医師は勘によって施術を行うしかありませんから、適切な治療ができません。ですから、レーザー治療が適する場所は限定されるのです。
Q4.ウィルス性いぼの注射治療の長所・短所を教えて下さい。

長所:顔以外のほとんどの部位で治療が可能。
治療後、ばんそうこう固定や入浴制限等はほとんどない。

短所:完治するまで何回・何ショットの治療を受けるかは、個人差およびいぼの大きさなどによって大きく異なってきます。ブレオマイシンとインターフェロンの2種類の薬剤を用い、1ショット(0.25ml)ずつのセットを最小単位として治療を行いますが、完治するまでに何回治療を行ったか、つまり合計の注射ショット数によって治療費は大きく異なってきます。注射治療費は各1ショットずつで合わせて15,750円です。

Q5.ウィルス性いぼのレーザー治療の長所・短所を教えて下さい。

長所:完治までの治療費の目安がつきやすい。

短所: 治療に適するいぼの場所が限定される。レーザー治療の場合はイボ部分をまるごと切除するので治療後はそこがぽこっとえぐられた状態になっており、部位によって差がありますが2週間~1ヶ月間はばんそうこうで固定し、濡らすこともできません。

Q6.こちらのクリニックでウィルス性いぼ治療を受けながら、他のクリニックで治療を受けても良いですか?例えば注射治療を受けながら、同じ場所に他院で液体窒素の治療を受ける等。
他院での治療と平行して行うことは、治療効果を判定する上で複数の要素が発生するため適切な治療を行うことができない場合があります。おやめ下さい。
Q7.ウィルス性いぼの部分を時々自分で削っています。続けていて良いですか。
当皮膚科では、いぼの残存の有無を判断するためにその部分の皮膚表面をはさみで削り、点状出血の有無を判断し治療方針を決定しています。ご自分で削ってしまうと、医師が適切な判断をすることが不可能です。おやめください。
Q8.ウィルス性いぼは液体窒素で焼くのに比べ、痛みは軽いのですか。
いぼを液体窒素で焼く強さは、各医師の勘で行っており、また個人差・体調によっても異なりますので痛みを比べることはできません。注射治療・レーザー治療とも局所麻酔を注射で行うのですが、注射で麻酔液を注入する際にはそれ自体にそれなりの痛みがあります。
  • いぼレーザー治療の場合は局所麻酔を十分に効かせますので治療時は痛みはなく、麻酔が切れてくると痛みがあります。数日間は痛みがありますが、痛み止めを内服しても問題ありません。
  • いぼ注射治療の場合は十分な量の局所麻酔液を注入してしまうと、治療薬液をその後注入した時に漏れてしまうため少なめに麻酔します。よって治療時にも多少痛みがありますので、ご了承下さい。また、治療後の痛みは周囲に注入したインターフェロンにより翌日から数日間ジンジンした痛み(かゆみに感じる方もいます)があります。また、周囲の腫れ(水っぽく、場合によっては浸出液がでてくる場合もあります)は4~5日ごろピークとなり、1~2週間で治まってきます。個人差や部位・薬液量により痛み・腫れの程度は異なります。足の裏でも体重がかかる場所だと痛みを感じやすく、関節の周囲・末端部位(指の先など)だと腫れが強く出る場合があります。この場合、包帯を多少圧迫ぎみで心臓に向かって巻き、リンパ液がたまりにくくする程度の処置は良いですが、痛み止めを内服・外用したり冷やしたりすると、インターフェロンの効果が出にくくなってしまうことがありますのでそのまま経過を見ていただくようにしています。
Q9.治療費の総額を見積もりしてほしいのですが・・・
特にいぼ注射治療の場合、完治するまで合計で何回、合計で何ショットの治療を受けるかは個人差およびいぼの大きさなどによって大きく異なってきます。よって残念ながら、治療前にそれを見積もることはできません。初回の注射のショット数については診察した上でお伝えします。当皮膚科ではそれにご納得頂いたかたのみ治療を行っておりますので、ご了承下さい。
Q10.通院のペースはどうなりますか。
  • 注射治療の場合は、初回に治療した日から1週間後に一度再診します。その後は最短で週1ペースの場合もありますが通常は2~3週間に一度のペースです。医師が次回の再診のタイミングを毎回判断しお伝えします。いぼが順調に小さくなっても、ご都合でしばらく来院されないでいるとまた大きく戻ってしまうので注意が必要です。
  • レーザー治療の場合は初回に治療した日から2~3日後に一度再診します。その後は最短で週1ペースの場合もありますが通常は2~3週間に一度のペースです。
  • いずれの治療法にしても、いぼの残存がないことを確認できてから2ヶ月間は、チェックのため定期的に通院していただき、2ヶ月間いぼがでてこないことを確認できたらようやく「卒業」です。
Q11.ウィルス性いぼの注射治療に興味がありますが、遠方のため、通院できません。自宅近くでこちらのクリニックと同じ注射治療を受けられる病院を教えて下さい。
当皮膚科で行っているブレオマイシンとインターフェロンの注射治療を行っている施設は他に存じ上げませんので、残念ながらご紹介できません。ご了承下さい。

問い合わせフォーム

ページトップ

診療科目

今月のキャンペーン

アクセス

ご予約・お問い合わせはこちらから

ご予約はこちら

お問い合わせはこちら

03-5464-1656

住所:〒107-0062
東京都港区南青山5-14-7
アヴァン南青山B1
銀座線、半蔵門線、千代田線
表参道駅 B1出口より徒歩7分

アクセスはこちら