美容診療 医療レーザー脱毛 見落としがちなポイント脱毛、当院の脱毛コースでツルスベ素肌へ

わき脱毛で毛の残りやすい部位(永久脱毛)

ワキ(わき)脱毛はワキ(わき)全体をレーザー照射していくのですが、ワキ(わき)の中でも部位により、永久脱毛効果に差が現れることがあります。
よくあるのは、腕を挙げた時に、「ワキ(わき)」の上側の場所、つまり上腕の内側につながっていく場所の毛が脱毛治療で残りやすい・・・ということです。

どうしてこの場所だけ、ワキ(わき)脱毛後に毛が残りやすいのでしょうか?

理由はよく分かっていませんが、この部分は元々「わき毛」の中でも少し細めの毛が生えています。
ところがワキ(わき)脱毛の際、レーザー照射の強さは「その時最も太い毛」を基準にして決められます。
また、太い毛ほど治療の効果が出やすく、どんどん細くなり量も減ってくる・・・ つまり太い毛の永久脱毛をメインで考えるために、周りの細い毛についてはどうしても反応が悪く なってしまうということ・・・

よって、気が付けば、上側のわき毛だけが残っている!ということになるようです。

では始めから「その時最も細い毛」を基準にして治療してもらえば良いのか?というと、
それは無理。
永久脱毛の場合、太い毛には照射の強さを”低め”で治療していくのが普通です。
太い毛はレーザーの熱を十分に集めてしまうために、逆に強く照射するとやけどになりやすいからです。

ワキ(わき)脱毛は、通常、太い毛の脱毛ですよね。 ですから、このような現象はワキ(わき)脱毛の場合、ある程度は仕方のないことです。
気になる場合は、その場所だけ強めに照射してもらうとか、ワキ(わき)脱毛の治療回数を増やすなどが必要でしょう。

足脱毛では、ひざの毛が残りやすい!?(永久脱毛)

足脱毛をするならひざ下だけでなく、ひざも脱毛したいですよね。

ひざ下の長さのスカートを履く場合でも椅子に腰掛けた時や足をちょっと組んだ時、ひざにむだ毛が生えていたら恥ずかしいから・・・

こうして、足脱毛の時にはひざも永久脱毛することが多いと思いますが実はひざのむだ毛って永久脱毛で(ひざ下に比べて)少し毛の減りが悪いのです。

どうしてひざの毛は減りにくいのでしょうか?

これは、ひざは皮膚が厚いことと関係があるようです。

ひざ下の皮膚に比べ、関節部であるひざは運動に耐えるために皮膚が厚くなっています。
皮膚が厚いために、永久脱毛の際にレーザー光が奥まで到達しにくいということに・・・

また、ひざが摩擦などの影響で少し色素沈着したりしていませんか?
色素沈着があると、永久脱毛の際にやけどになりやすいため照射の強さを決める際も「強め」で照射するのは難しいのです。
その上、皮膚の過剰なメラニン色素によりレーザー光が皮膚の奥まで到達しにくいので、やはり永久脱毛効果が落ちやすい傾向があるのです。

こうしてひざの脱毛の際は、ひざ下よりも毛が残りやすいのです。
色素沈着がある場合は、永久脱毛と平行して色素沈着を改善することが大切です。
それでも残りが気になる場合は、その場所だけ強めに照射してもらうとか、永久脱毛の治療回数を増やすなどが必要でしょう。

顔脱毛で狭い額を広くしたり、富士額にもなれる!?(永久脱毛)

顔脱毛は、男性のヒゲはもちろん、女性でも顔全体のうぶ毛処理として人気のあるメニューです。

顔のうぶ毛そりって、意外に面倒なもの。
明るい洗面所でお手入れしないと、剃り残しがあったり・・・
永久脱毛は女性の顔のうぶ毛のような細い毛でも脱毛ができますから、何度か治療を行えば、その後は「処理いらず」でとっても快適です。

それに永久脱毛をすると、毛穴が小さくなったりくすみが取れるなどの美肌効果があることが有名です。

ところで、顔の永久脱毛では額を広くしたり生え際を整えることも可能なんですよ!

額が広いと、賢そうで知的な印象ですよね。
それに富士額は、昔から美人の代名詞。
ちょっと髪をアップにしたときなど、うなじと額がきれいな女性はとっても素敵に見えます。

ツルツルの”むき卵”みたいな額になるのも、永久脱毛で可能です。
顔脱毛はうぶ毛の濃いかた以外でも、試してみる価値があります。
前髪を上げていることが多い方や、着物やドレスで髪をアップする機会が多いかたは、はえぎわ美人を目指してみてはいかがですか?

問い合わせフォーム

ページトップ

診療科目

今月のキャンペーン

アクセス

ご予約・お問い合わせはこちらから

ご予約はこちら

お問い合わせはこちら

03-5464-1656

住所:〒107-0062
東京都港区南青山5-14-7
アヴァン南青山B1
銀座線、半蔵門線、千代田線
表参道駅 B1出口より徒歩7分

アクセスはこちら