美容診療 ケミカルピーリング 肌が本来持っているキメの整ったみずみずしい美しさを取り戻す

お肌の再生に効果的なケミカルピーリング

ケミカルピーリングはにきびの患者様に効果的な治療法です。

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは、フルーツ酸の一種であるグリコール酸などの酸を塗り、表皮の古くなった角質を化学的に融解して剥離、除去し、肌を生まれ変わらせる治療法です。

ケミカルピーリングの歴史は古く、古代エジプトでは、クレオパトラが皮膚を滑らかにするために、乳酸のサワーミルクの湯に入浴していたと伝えられています。その後、欧米での研究が進み、日本においては1994年よりケミカルピーリングが広まりました。

「酸」というと肌を溶かすイメージを抱きがちですが、実際は代謝の低下している肌に対して、角質と角質の接着をゆるめ、古い角質をはがれやすくする働きがあるのです。このケミカルピーリング治療に伴う軽度の炎症反応によって表皮再生を促進させ、さらには角化細胞の形状や配列を整え、角質層の構造および機能を改善させる作用が得られ、本来のきめ細かでハリのある肌の組織構成に戻す効果があります。

この作用により、ケミカルピーリングはしみやくすみ、にきびの改善に効果があるのです。特に、にきびには高い効果が認められています。

ケミカルピーリングの効果

にきびに対しての効果

にきびは、皮脂が毛穴に貯留することでにきびのもと(角栓)が形成されることから始まります。炎症が生じますと、赤く痛みを持ったにきびや膿をもったにきびとなるのです。浅い深さのケミカルピーリングにより毛穴を閉塞させている角質や面皰は排出され、つまった毛穴は開通されるので、にきびは改善され、また、にきびの出来にくい皮膚の状態になります。また膿をもった炎症性にきびの場合にも、浅いケミカルピーリングにより排膿が促され治癒が促進されるのです。

しみに対する効果

ケミカルピーリングにより表皮の生まれ変わり(ターンオーバー)が促進され、表皮内に貯留していたメラニン色素が上行して角質とともに脱落し、また、表面に固着していた角質も均等に剥離されるため、くすみも改善されるのです。ケミカルピーリングに用いる薬品によっては、薬品が直接メラニン色素に働きかけ、しみを薄くすることも言われています。しかし、これらの変化は、顕微鏡レベルでは証明されていますが、実際に肉眼で確認することが出来るためには、根気よく治療を続け、また治療中の遮光などの努力が必要です。

ページトップ

ケミカルピーリングを行う際の注意点

施術前の注意

角質が痛んでいるとケミカルピーリングが必要以上に深くなるため施行できない場合がありますので下記の点にご注意ください。

  • 前日の顔剃り、パック、スクラブ洗顔は避けてください。
  • 1ヶ月以内にほかの治療(ケミカルピーリング、レーザー、電気・ワックス脱毛など)を受けている場合もピーリングを行えないことがあります
  • 顔に湿疹がある場合も行えません。
  • 口唇ヘルペスや伝染性膿痂疹(とびひ)がある場合、治癒するまでは行えませんので治療終了後に行ってください。
施術後の注意

角質層は紫外線から皮膚を守る働きを担っています。ケミカルピーリングでは角質層をはがすことにより紫外線が皮膚を通過しやすい状態となっているため下記の点にご注意ください。

  • 毎日必ずサンスクリーン剤(紫外線散乱剤を使用した低刺激性・低アレルギー性のSPF18、PA++程度のもの)による遮光に留意してください。
  • 自分の肌にあった保湿剤・乳液等で十分保湿を行ってください。
  • いつもの化粧品が肌に合わなくなる場合は使用を一時中断してください。

問い合わせフォーム

ページトップ

診療科目

今月の

アクセス

ご予約・お問い合わせはこちらから

ご予約はこちら

お問い合わせはこちら

03-5464-1656

住所:〒107-0062
東京都港区南青山5-14-7
アヴァン南青山B1
銀座線、半蔵門線、千代田線
表参道駅 B1出口より徒歩7分

アクセスはこちら