まぶたの二重形成

完全な二重から厚く重たい一重まぶたまで患者様の様々な状態に対応した二重形成

埋没法・小切開法・全切開法とタイプによって選べる二重形成

患者様の状態やご希望に合わせて二重形成プランをご提案します!

当院のまぶたの二重形成の特長

当院のまぶたの二重形成の特長

日本人は他の人種の方々と比較して、一重まぶたに悩まれている方が多いのが事実です。日本人の60~70%の方々が一重まぶたという統計もあるようです。
美の基準は地域や時代によって様々ですが、二重まぶたによる効果で目が大きく見え、表情が豊かになり可愛い印象を与える、というのが現代日本での風潮の1つではあると考えられます。そのような要望に応えるべく美容医療では二重形成の技術が発展してきました。

日帰りで手早くプチ整形!
二重形成では一番時間がかかる全切開でも施術時間は120分程度。簡単な埋没法なら30分程度の施術です。
タイプによって施術選択可能!
患者様のまぶたの状態を医師が判断して、一番適切な施術方法をご提案できます。
術前診察から当日施術前の確認~術後のアフターケアまで
丁寧なカウンセリングから術後のアフターケアまでしっかり行なうことで患者様に安心して施術を受けて頂けます。

こんな方にオススメです。

  • 一重まぶたに悩んでいる方。
  • 腫れぼったい目に悩んでいる方。
  • 眼をパッチリ印象的にしたい。
  • 上まぶたが重たい印象の方。
  • まぶたのたるみを改善したい。
  • アイテープが合わない方。

埋没法による二重形成

埋没法によるまぶた二重形成の流れ

埋没法は、メスを使わず医療専用の極細糸をまぶたに2~4箇所結びつけることで、二重のラインを形成する施術です。 30分間程度で簡単に自然な二重まぶたを形成することが可能です。

当院では、まぶたの状態によって、簡単な2点留めとしっかり止める4点留めの2種類の施術のご用意があります。

また患者様によっては、まぶたの皮膚内に眼窩脂肪と呼ばれる脂肪が多く、まぶたが重くなっている方もいらっしゃいます。その場合、まぶたの裏側と表側を連結するように通した糸の間に脂肪が挟まれることで糸に緩みができてしまうため、一重に戻りやすくなります。 このような場合、埋没法と同時に脱脂術を行ない、眼下脂肪の厚みを減らすことで二重が戻りにくくなります。

経過
【 腫れ 】手術直後は麻酔液や術後の炎症により腫れが生じますが、目立った腫れは3~7日くらいで落ち着
     きます。二重の幅がイメージより広かったり、左右の幅が多少違ったりと不自然に感じることが
     ありますが、最終的な仕上がりは1~3ヶ月後くらいとなります。
【内出血】内出血する場合がありますが、1~2週間で消退します。
【違和感】手術後から目がゴロゴロする感じや、奥で引っ張られているような違和感を感じることがありま
     すが、徐々に引いていきます。
リスク
腫れ、赤み、熱感、疼痛、化膿、内出血、出血、瘢痕、ケロイド、色素沈着、左右差、ドライアイ
違和感(つっぱり感)、糸がゆるむ、糸が外れる
使用薬剤(抗生物質・局所麻酔薬・消毒液など)に対するアレルギー反応
禁忌
*妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方
*持病があり、医師よりできないと診断された方
注意事項
【 手術前 】
 *下記にあてはまる方はあらかじめ医師にお伝えください。
  ・麻酔アレルギー、抗生剤のアレルギーがある方
  ・過去に注射で気分が悪くなったことがある方
 *手術3日前よりアイプチ・アイテープ・つけまつげ等の使用は禁止です。
  厳守いただけない場合、手術ができないことがありますのであらかじめご了承ください。
【手術当日】
 *車・バイク・自転車の運転は避けてください。
【 手術後 】
 *洗顔はまぶたの周りを避けて当日から可能です。
  顔全体の洗顔は翌日から可能ですが、目の周りは強くこすらないでください。
 *当日よりシャワー浴はかまいませんが、湯船に浸かるのは2~3日控えてください。
  洗髪は翌日から可能です。
 *メイクは目元以外は翌日から可能ですが、創部から色素が入り込むのを防ぐため、アイメイクは
  術後3日目からとなります。
 *コンタクトレンズは基本的に翌日より可能です。
  装着時に痛みや圧迫感等の違和感がある場合は2~3日は控えてください。
 *飲酒や運動は、腫れが強く出る場合があるため2~3日は控えてください。
 *腫れの消退を促すため、保冷剤・クールタオル等で冷やしてください。
  また、就寝時は頭を高くしてお休みください。
 *術後の喫煙は傷の治りを悪くするため、医師の許可があるまで控えてください。

埋没法による二重形成術の流れ

  1. カウンセリング 医師がまぶたの状態を確認、希望の二重のラインのデザインを確認、治療内容のご説明を致します。
  2. 施術のご予約 カウンセリングを行った上で問題なければ手術日のご予約申し込みをいただきます。
    確実に手術を受けられる日をご選択の上でご予約下さい。
  3. 施術当日 施術前に患者様の健康状態やまぶたの状態を確認した上で施術準備を行います。
  4. 手術 二重形成手術を行います。
  5. 術後説明 施術後の注意点などをご説明します。

埋没法抜糸

埋没法による二重のラインが希望の感じと違って気に入らない場合、ラインを変更したい場合、
結び目が目立って気になる場合、目のゴロゴロした異物感が気になる場合などに、埋没している糸を摘出します。 ただし状態によっては糸が皮膚に癒着したり潜り込んだりして摘出が難しい場合もあります。施術時間は30分までとさせていただきますがその時間内に糸を摘出できない場合でも料金は発生致しますので予めご了解ください。

経過
【 腫れ 】手術直後は麻酔液や術後の炎症により腫れが生じますが、目立った腫れは1~3日くらいで落ち着
     きます。二重の幅がイメージより広かったり、左右の幅が多少違ったりと不自然に感じることが
     ありますが、最終的な仕上がりは1~3ヶ月後くらいとなります。
【内出血】内出血する場合がありますが、1~2週間で消退します。
【違和感】手術後から目がゴロゴロする感じや、奥で引っ張られているような違和感を感じることがありま
     すが、徐々に引いていきます。
リスク
腫れ、赤み、熱感、疼痛、化膿、内出血、出血、凹み、瘢痕、ケロイド、色素沈着、左右差
埋没法前の状態に戻らない、埋没糸が取りきれない、白目や角膜の損傷
使用薬剤(抗生物質・局所麻酔薬・消毒液など)に対するアレルギー反応
禁忌
*妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方
*持病があり、医師よりできないと診断された方
*体内にペースメーカーや埋込式除細動器を使用している方
*治療箇所に金属プレート・金の糸・アートメークを入れている方
注意事項
【 手術前 】
 *下記にあてはまる方はあらかじめ医師にお伝えください。
  ・麻酔アレルギー、抗生剤のアレルギーがある方
  ・過去に注射で気分が悪くなったことがある方
 *手術3日前よりアイプチ・アイテープ・つけまつげ等の使用は禁止です。
  厳守いただけない場合、手術ができないことがありますのであらかじめご了承ください。
【手術当日】
 *車・バイク・自転車の運転は避けてください。
【 手術後 】
 *洗顔はまぶたの周りを避けて当日から可能です。
  顔全体の洗顔は翌日から可能ですが、目の周りは強くこすらないでください。
 *当日よりシャワー浴はかまいませんが、湯船に浸かるのは2~3日控えてください。
  洗髪は翌日から可能です。
 *メイクは目元以外は翌日から可能ですが、創部から色素が入り込むのを防ぐため、アイメイクは
  術後3日目からとなります。
 *コンタクトレンズは基本的に翌日より可能です。
  装着時に痛みや圧迫感等の違和感がある場合は2~3日は控えてください。
 *飲酒や運動は、腫れが強く出る場合があるため2~3日は控えてください。
 *腫れの消退を促すため、保冷剤・クールタオル等で冷やしてください。
  また、就寝時は頭を高くしてお休みください。
 *術後の喫煙は傷の治りを悪くするため、医師の許可があるまで控えてください。

埋没法抜糸の流れ

  1. カウンセリング 医師がまぶたの状態を確認し、治療内容のご説明を致します。
  2. 施術のご予約カウンセリングを行った上で問題なければ手術日のご予約申し込みをいただきます。
    確実に手術を受けられる日をご選択の上でご予約下さい。
  3. 施術当日施術前に患者様の健康状態やまぶたの状態を確認した上で施術準備を行います。
  4. 手術埋没法抜糸手術を行います。取れない場合でも施術時間は30分までとします。
  5. 術後説明 施術後の注意点などをご説明します。

小切開法による二重形成

小切開法とは

小切開法は上まぶたに10~15mmの部分的な切開を加え、二重形成を行なう手術です。
小さな切開で一重まぶたを二重まぶたにしたり二重の幅を広げたり等、しっかりとした二重形成を行います。
ただしまぶたの脂肪が多い場合ですと二重の幅を広くした時に眉毛の下の脂肪の厚い皮膚が二重のラインに近接するため、二重が厚ぼったくなってしまうことがあります。
そのケースの場合は、脂肪の除去(脱脂術)を同時に行なうことでより良いラインを形成します。
経過
【 腫れ 】手術直後は麻酔液や術後の炎症により腫れが生じますが、目立った腫れは14日くらいで落ち着
     きます。二重の幅がイメージより広かったり、左右の幅が多少違ったりと不自然に感じることが
     ありますが、最終的な仕上がりは1~3ヶ月後くらいとなります。
【内出血】内出血が起こりますが、通常1~2週間で消退します。
【 創部 】切開部に1~2ヶ月程度色素沈着(ピンク色から茶色に変化)が一時的に起こる場合がありますが
     自然に改善されます。3~6ヶ月は紫外線予防をして下さい。
     また、一時的に硬くなり凹みが目立ちます(術後1ヶ月頃)が、3~6ヶ月で柔らかくなります。
【違和感】手術後から目がゴロゴロする感じや、奥で引っ張られているような違和感を感じる場合がありま
     すが、徐々に引いていきます。
【 抜糸 】術後5~7日
リスク
*腫れ、赤み、熱感、疼痛、化膿、内出血、出血、瘢痕、ケロイド、色素沈着、左右差、ドライアイ
 違和感(つっぱり感)
*睫毛側真皮と挙筋腱膜を縫合する為、元に戻すことや修正が困難です。
*必ず傷跡が残ります。(これは二重のラインと重なり次第に目立ちにくくなります)
*傷口の炎症・感染症
*使用薬剤(抗生物質・局所麻酔薬・消毒液など)に対するアレルギー反応
禁忌
*妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方
*持病があり、医師よりできないと診断された方
注意事項
【 手術前 】
 *下記にあてはまる方はあらかじめ医師にお伝えください。
  ・麻酔アレルギー、抗生剤のアレルギーがある方
  ・過去に注射で気分が悪くなったことがある方
 *手術3日前よりアイプチ・アイテープ・つけまつげ等の使用は禁止です。
  厳守いただけない場合、手術ができないことがありますのであらかじめご了承ください。
【手術当日】
 *車・バイク・自転車の運転は避けてください。
【 手術後 】
 *洗顔はまぶたの周りを避け当日から可能です。顔全体の洗顔が可能になるのは抜糸後からとなります。
  抜糸までの間は傷口を濡らさないように気をつけてください。 
 *当日よりシャワー浴はかまいませんが、湯船に浸かるのは抜糸まで控えてください。
  洗髪は翌日から可能ですが、傷口を濡らさないように気をつけてください。
 *メイクは目元以外は翌日から可能です。アイメイクは抜糸翌日まで控えてください。
 *コンタクトレンズは基本的には抜糸後より可能です。装着時に痛みや圧迫感等の違和感がある場合は、
  無理をせず腫れが落ち着くまで控えてください。(※医師の指示を優先してください)
 *飲酒や運動は、腫れが強く出る場合があるため1週間は控えてください。
 *腫れの消退を促すため、保冷剤・クールタオル等で冷やしてください。
  また、就寝時は頭を高くしてお休みください。
 *術後の喫煙は傷の治りを悪くするため、医師の許可があるまで控えてください。
 *術後に保護のテープを装着した場合、テープまけ(皮膚障害)が生じる場合があります。

①手術前 ②切開 ③縫合 ④手術後

全切開法による二重形成

全切開法とは

全切開法は埋没法や小切開法では対応できないまぶたのタルミのある方、眼瞼下垂のある方、年齢を経たことでで皮膚のたるみがでてきた方に推奨の手術です。小切開法のご紹介でもお伝えしたように上まぶたのタルミが強い方はまぶたのたるみが二重のラインに近接してしまい美しい二重まぶたが形成しにくくなります。これを改善する為には全切開法で皮膚のタルミを切り取って縫合する手術が必要となります。全切開法は事前にカウンセリングで確認させていただいたご希望の二重ラインに沿って皮膚を切開し、脱脂やたるんだ皮膚除去を行ないます。その後、傷口を縫合します。縫合を行いますので傷痕が完全に消えるわけではありませんが目立たないように丁寧に行います。 このようにたるんだ皮膚や眼窩脂肪を除去した上で二重を形成するため、埋没法に比較して、よりはっきりした二重まぶたになります。
経過
【 腫れ 】手術直後は麻酔液や術後の炎症により腫れが生じますが、目立った腫れは14日くらいで落ち着
     きます。二重の幅がイメージより広かったり、左右の幅が多少違ったりと不自然に感じることが
     ありますが、最終的な仕上がりは1~3ヶ月後くらいとなります。
【内出血】内出血が起こりますが、通常1~2週間で消退します。
【 創部 】切開部に1~2ヶ月程度色素沈着(ピンク色から茶色に変化)が一時的に起こる場合がありますが
     自然に改善されます。3~6ヶ月は紫外線予防をして下さい。
     また、一時的に硬くなり凹みが目立ちます(術後1ヶ月頃)が、3~6ヶ月で柔らかくなります。
【違和感】手術後から目がゴロゴロする感じや、奥で引っ張られているような違和感を感じる場合がありま
     すが、徐々に引いていきます。
【 抜糸 】術後5~7日
リスク
*腫れ、赤み、熱感、疼痛、化膿、内出血、出血、瘢痕、ケロイド、色素沈着、左右差、ドライアイ
 違和感(つっぱり感)
 使用薬剤(抗生物質・局所麻酔薬・消毒液など)に対するアレルギー反応
*睫毛側真皮と挙筋腱膜を縫合する為、元に戻すことや修正が困難です。
*必ず傷跡が残ります。(これは二重のラインと重なり次第に目立ちにくくなります)
禁忌
*妊娠中・妊娠の可能性のある方・授乳中の方
*持病があり、医師よりできないと診断された方
*体内にペースメーカーや埋込式除細動器を使用している方
*治療箇所に金属プレート・金の糸・アートメークを入れている方
注意事項
【 手術前 】
 *下記にあてはまる方はあらかじめ医師にお伝えください。
  ・麻酔アレルギー、抗生剤のアレルギーがある方
  ・過去に注射で気分が悪くなったことがある方
 *手術3日前よりアイプチ・アイテープ・つけまつげ等の使用は禁止です。
  厳守いただけない場合、手術ができないことがありますのであらかじめご了承ください。
【手術当日】
 *車・バイク・自転車の運転は避けてください。
【 手術後 】
 *洗顔はまぶたの周りを避け当日から可能です。顔全体の洗顔が可能になるのは抜糸後からとなります。
  抜糸までの間は傷口を濡らさないように気をつけてください。 
 *当日よりシャワー浴はかまいませんが、湯船に浸かるのは抜糸まで控えてください。
  洗髪は翌日から可能ですが、傷口を濡らさないように気をつけてください。
 *メイクは目元以外は翌日から可能です。アイメイクは抜糸翌日まで控えてください。
 *コンタクトレンズは基本的には抜糸後より可能です。装着時に痛みや圧迫感等の違和感がある場合は、
  無理をせず腫れが落ち着くまで控えてください。(※医師の指示を優先してください)
 *飲酒や運動は、腫れが強く出る場合があるため1週間は控えてください。
 *腫れの消退を促すため、保冷剤・クールタオル等で冷やしてください。
  また、就寝時は頭を高くしてお休みください。
 *術後の喫煙は傷の治りを悪くするため、医師の許可があるまで控えてください。
 *術後に保護のテープを装着した場合、テープまけ(皮膚障害)が生じる場合があります。

①手術前 ②切開 ③縫合 ④手術後

小切開法及び全切開法による二重形成術の流れ

  1. カウンセリング 医師がまぶたの状態を確認、希望の二重のラインのデザインの確認、治療内容のご説明を致します。
  2. 施術のご予約 カウンセリングを行った上で問題なければ手術日のご予約申し込みをいただきます。
    確実に手術を受けられる日をご選択の上でご予約下さい。
  3. 施術当日 施術前に患者正の健康状態やまぶたの状態を確認した上で施術準備を行います。
  4. 手術 二重形成手術を行います。
  5. 術後説明施術後の注意点などをご説明します。
  6. 抜糸手術後5日~7日で抜糸を行います。その時点でも状態を確認し抜糸後の注意点をご説明します。

二重形成術の料金

施術内容 金額 備考
  両眼 片眼 保障:1年に1回まで無料
(医師が適用と判断した方のみ)
二重形成術
(埋没法)
2点留め ¥80,000 ¥56,000
4点留め ¥100,000 ¥70,000
二重形成術
(埋没法+脱脂)
2点留め ¥150,000 ¥105,000
4点留め ¥190,000 ¥133,000
二重形成術(小切開法) ¥250,000 ¥175,000 保障なし
二重形成術(全切開法) ¥400,000 ¥280,000
埋没法抜糸 1本に対して¥50,000 保障なし
取れなくても30分時間制限
埋没法抜糸(他院施術のもの) 1本に対して¥80,000

※金額表示は全て税抜です。

料金表はこちら