世代別!今対策するべきお肌トラブル

10代は「にきび」

肌が気になる女性

学生の頃、にきびに悩まされたという方は多いのではないでしょうか?思春期はお肌がホルモンの影響を受けやすく、皮脂腺が過剰に分泌しアクネ菌が繁殖しやすいためにきびができやすくなります。

お肌を清潔にする、ビタミンを摂るなど基本的なことももちろん大切ですが、皮膚科で治療するのがにきびを治す1番の近道です。

20代からは「ニキビ跡」「乾燥」

肌が気になる女性

10代でできたにきびが黒ずんでしみになったり、凹んだまま皮膚が再生せずクレーターになってしまったりします。ターンオーバーで自然に消えるのを待つと何年もかかってしまうため、クリニックでピーリングやレーザー治療をすることをおすすめします。

また、不規則な生活になりやすい20代は「乾燥」に最も気をつけなければならない年代です。乾燥はしわや大人にきびなど様々なお肌トラブルを招くため、しっかりとした保湿やイオン導入などのスペシャルケアを取り入れましょう。

30代からは「小じわ」「しみ」

このくらいの年齢から目元、目尻、ほうれい線にうっすらとしわが広がっていきます。これは、お肌の乾燥が進んでいることやホルモンバランス、蓄積されたダメージがお肌の表面に出てきやすい年代であることが考えられます。コラーゲンの減少でしわが増え、紫外線などのダメージがしみとなってお肌に表れる頃ですので、定期的なフォトフェイシャルやボトックス注射などでしみ・しわを改善していくのがおすすめです。

40代以上からは「しわ」「たるみ」

40代にさしかかると気になってくるのが、顔に深く刻まれた「しわ」や「たるみ」です。加齢でターンオーバーが遅くなることやお肌のハリがなくなってくることで起こりやすくなります。ほうれい線、目尻、目の下を中心にしわが増え、お肌の再生力に衰えが出てくる年代ですので、クリニックで相談しながらヒアルロン酸注射でお肌に栄養を与えていきましょう。

年齢によるお肌のトラブルを改善するなら、当院の治療を是非お受けください。ほうれい線や目の周りなどのしわを消す施術やメイクで隠しきれないしみを消す施術、ニキビ跡を消すレーザー治療など多く取り扱っております。施術当日・翌日のメイクもOKの「切らない」治療法もご用意していますので、お肌トラブルでお悩みの際は当院までご相談ください。

問い合わせフォーム

ページトップ

クリニック紹介
診療科目

今月のキャンペーン

アクセス

ご予約・お問い合わせはこちらから

ご予約はこちら

お問い合わせはこちら

03-5464-1656

住所:〒107-0062
東京都港区南青山5-14-7
アヴァン南青山B1
銀座線、半蔵門線、千代田線
表参道駅 B1出口より徒歩7分

アクセスはこちら