気になるほくろについて

顔や腕、足の裏など、気がついたら体の様々な場所に増えているほくろですが、そもそもほくろとは一体何なのでしょうか。

ほくろとは

ほくろは「色素性母斑」もしくは「母斑細胞母斑」とも呼ばれ、メラニン色素を持った良性のできものです。生まれつきあるものや大人になってから発生するものがあり、大きさも皮膚から盛り上がっているもの、小さくて目立たないもの、色も黒や茶色など様々です。ほとんどが良性で、そのまま放っておいても問題ありませんが、顔など目立つ場所にあるほくろは、美容的な問題でレーザー治療をされる方もいらっしゃいます。

ほくろが増える原因

ほくろが生成される主な原因は、紫外線によるものと考えられています。肌のサイクルがきちんと働いていれば、紫外線を浴びて日焼けをしても元通りの肌に戻ります。しかし、メラノサイトと呼ばれる色素細胞が活発に働き過ぎると、メラニンが多く生成され、ほくろが増えてしまうのです。また、体の同じ部分が頻繁にこすれたり、熱が当たったりして細胞が傷つき、そこにほくろが発生する場合もあります。女性の場合、ホルモンバランスの乱れが原因となって、ほくろが増えるケースもあります。

ほくろの癌メラノーマとは

ほとんどが良性のほくろですが、中には悪性腫瘍のほくろもあります。これは、メラノーマとも呼ばれる「悪性黒色腫」という病気で、メラニン色素を作る色素細胞ががん化したものと考えられています。成人を過ぎてから発生することが多く、急にできたしみが濃くなったり、大きくなったりしたときは注意が必要です。ただ、外観が良性のほくろとそっくりな場合もあるため、レーザー治療などでほくろ除去を行う際は、病理検査をして悪性かどうか調べることが大切です。

美容皮膚科の当院では、ほくろ除去も行っています。大きなほくろには病理組織検査を行い、悪性でないか確認しています。顔や体に気になるほくろがあるなら、当院までご相談ください。にきび跡のレーザー治療しわくすみ肝斑といった美容診察も随時受け付けております。

問い合わせフォーム

ページトップ

クリニック紹介
診療科目

今月のキャンペーン

アクセス

ご予約・お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら

03-5464-1656

住所:〒107-0062
東京都港区南青山5-14-7
アヴァン南青山B1
銀座線、半蔵門線、千代田線
表参道駅 B1出口より徒歩7分

アクセスはこちら