リフトアップには「表情筋」と「真皮」

顔のリフトアップに必要な表情筋。実は普段の生活で、表情筋はあまり使われていないのが現状です。表情筋を使わないことが、肌のたるみに関わってきます。では、どのようにたるみの原因となってくるのでしょうか。

表情筋を使わないと…?

表情筋はその名が示す通り、顔の表情を作り出すために必要な筋肉です。表情筋は皮膚に直接くっついており、それにより細かな動きが可能となります。ただ、表情筋は加齢によって徐々に筋肉のハリが衰えていき、皮膚のリフトアップが困難になってきます。同様に加齢によって新陳代謝の機能が低下すると、皮下脂肪が増えていき、重力の影響で次第に下がっていきます。加齢の影響は、肌の弾力を保つエラスチンやコラーゲンなども変化させ、肌のたるみを生み出します。表情筋を使わないことで、たるみをはじめ様々な悪影響が引き起こされてしまうのです。

真皮の衰えから

表情筋とともに顔のたるみの原因となっているのが真皮の衰えです。真皮には繊維芽細胞があり、そこではコラーゲンなど、健康な肌に必要な成分が毎日作られています。しかし、この繊維芽細胞が衰えてしまうと必要な成分が作られず、真皮の衰えにも繋がってしまうのです。繊維芽細胞を再生させるためには、必要な栄養を取ると同時に、マッサージなどで肌の血行を良くすることも効果的です。血行が良くなることで、必要な栄養を必要な場所へと届けます。

また、マッサージで得られる心地良いリラクゼーションがストレスを軽減し、ホルモンバランスを整えて自然治癒力を高めていきます。その結果、自然と肌の調子も改善に向かうことになるのです。

口元などのリフトアップでお悩みの際は、当院をご利用ください。当院はメディカルエステをはじめ、肌のお悩みを解決するためのサポートを行う美容皮膚科です。たるみを取って若返り効果を実感したいなど、一人一人のお悩みに適した治療を行います。コラーゲンによるアンチエイジングで、しわやたるみの悩みから解放されましょう。

問い合わせフォーム

ページトップ

クリニック紹介
診療科目

今月のキャンペーン

アクセス

ご予約・お問い合わせはこちらから

ご予約はこちら

お問い合わせはこちら

03-5464-1656

住所:〒107-0062
東京都港区南青山5-14-7
アヴァン南青山B1
銀座線、半蔵門線、千代田線
表参道駅 B1出口より徒歩7分

アクセスはこちら