ほうれい線を引き起こしやすい行動

年齢を感じさせるほうれい線。ほうれい線ができる原因は様々ですが、普段どんな行動を取っているかによって、変化することがあります。知らず知らずのうちに、ほうれい線ができやすい状態になっている可能性も考えられます。こちらでは、ほうれい線を引き起こしやすい例をいくつかご紹介します。

ほうれい線の原因

紫外線

紫外線の浴びすぎは、シミ・シワとほうれい線の原因となります。紫外線は暑さ・寒さなどとは違い、体で体感できるものではありません。そのため、過剰に浴びていても実際は気がつかず、知らないうちにダメージが蓄積され、徐々に肌の表面にほうれい線が生じてくるのです。 

片側噛み

物を噛む時に片側だけで噛む癖があると、片側だけほうれい線が深くなってしまいます。片側噛みはほうれい線だけでなく、体全体の歪みやむくみにも関係してくるため注意が必要です。

洗顔のし過ぎ

過剰な洗顔は必要な皮脂まで洗い流し、肌の水分を奪い取ってしまいます。肌の潤いを保つためにも、洗顔はやり過ぎないようにしましょう。

睡眠時の姿勢

横向きになって眠ると、頬が重力や枕に押されてたるみが生じてきます。その結果、ほうれい線も濃くなってしまうのです。

乾燥小じわからくるほうれい線

肌には、水分を溜め込む働きを持つ保湿物質があり、この保湿物質によって水分は保たれています。水分を溜め込む表皮と、肌の弾力をキープする真皮は互いに働きかけ合っており、もし表皮が水分を溜め込めなくなると、真皮にも悪影響が出てきてしまいます。保湿物質が不足することで肌の奥の水分も失われ、乾燥して小じわへと変化します。この小じわが、ほうれい線になってしまうのです。

当院の治療は、ほうれい線などでお悩みの方におすすめです。表情しわを消すことが可能なボトックス注射や、ヒアルロン酸注射などの治療を行っております。ランチタイムなど、ちょっとした空き時間に行える簡単な治療です。レーザーでのシミシワ治療、切らないたるみ治療を行っているクリニックをお探しなら、当院をご利用ください。

問い合わせフォーム

ページトップ

クリニック紹介
診療科目

今月のキャンペーン

アクセス

ご予約・お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら

03-5464-1656

住所:〒107-0062
東京都港区南青山5-14-7
アヴァン南青山B1
銀座線、半蔵門線、千代田線
表参道駅 B1出口より徒歩7分

アクセスはこちら