顔にできたしわを治療するなら青山の皮膚科【南青山スキンケアクリニック】へ~紫外線の種類~

しわの治療をお考えなら様々な顔の悩みに応える青山の皮膚科【南青山スキンケアクリニック】へ

しわの治療をお考えなら様々な顔の悩みに応える青山の皮膚科【南青山スキンケアクリニック】へ

しわ治療をお考えなら、にできたしわ、しみなどのトラブルに対応する青山皮膚科【南青山スキンケアクリニック】にご相談ください。

【南青山スキンケアクリニック】では、丁寧なカウンセリングに加えて、しわの種類をしっかりと判断し、患者様一人ひとりにあったオーダーメイドの治療をご提案いたします。

しわの治療も可能な【南青山スキンケアクリニック】では予防法のアドバイスも可能!

しわの治療も可能な【南青山スキンケアクリニック】では予防法のアドバイスも可能!

しわの治療に対応する【南青山スキンケアクリニック】では、予防法のアドバイスも行っております。治療と並行して有効な予防方法を実践することで、効果も変わってきますので、ぜひお試しください。

しわの原因にもなる紫外線の種類

紫外線はしわ、しみ、たるみなど様々な肌トラブルの原因です。その紫外線には「紫外線A波(UVA)」と「紫外線B波(UVB)」の2種類があり、それぞれ異なる性質を持っています。肌トラブルを防ぐためには、UVBはもちろん、UVAに対しての対策もしっかりと行うようにしましょう。

紫外線A波(UVA)

紫外線A波(UVA)は当たった直後に、肌の変化をもたらすものではありません。しかし、ゆっくり時間をかけて皮膚の奥に入り込みます。そして、肌の奥にある真皮に到達すると、肌のハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す繊維芽細胞にダメージを与えてしまいます。

その結果、しわやしみなどの肌ダメージが引き起こされるのです。このUVAは、地表に届く全紫外線のうち約95%を占めています。さらに、雲や窓ガラスを通して肌に到達してしまうため、季節を問わず、室内にいるときでも影響を受けている可能性があります。

紫外線B波(UVB)

紫外線B波(UVB)は、エネルギーが強いため表皮に与える影響が大きくなっています。日に当たると肌が赤くなったり、メラニン色素が定着して黒くなったりするのもUVBによるものです。

また、しみやそばかすを引き起こす原因でもあります。しかし、UVAと比べると量が少ない上に、肌の表面で吸収されて肌の奥まで到達することがないので、しっかりと対策をすればある程度、防御することが可能です。

お役立ちコラム

しわの治療をお考えの方は【南青山スキンケアクリニック】

名称 医療法人社団 永和会 南青山スキンケアクリニック
住所 〒107-0062 東京都港区南青山5-14-7 アヴァン南青山B1
TEL 03-5464-1656
URL http://www.minami-aoyama.info

問い合わせフォーム

ページトップ

クリニック紹介
診療科目

今月の

アクセス

ご予約・お問い合わせはこちらから

ご予約はこちら

お問い合わせはこちら

03-5464-1656

住所:〒107-0062
東京都港区南青山5-14-7
アヴァン南青山B1
銀座線、半蔵門線、千代田線
表参道駅 B1出口より徒歩7分

アクセスはこちら