しわ・たるみを予防するためには

年齢を重ねると肌が老化し、しわ・たるみが出てきます。しわやたるみが目立つようになると見た目年齢が上がり、実年齢よりも上に見られることもあります。そうなってしまう前に、日頃から肌を老化させないための予防法を実施しましょう。

肌の水分補給を欠かさない

肌の乾燥は、しわとたるみの原因です。洗顔やお風呂のあとは、化粧水や乳液で肌にたっぷりと水分を与えるようにしましょう。きれいにメイクが落とせていないと残ったメイクが毛穴に詰まり、化粧水や乳液が肌に浸透しなくなるので、丁寧にクレンジングすることも大切です。

スキンケア用品で肌の保湿をしても、部屋が乾燥していると肌の水分が蒸発してしまいます。
乾燥する季節は加湿器などを使って部屋の乾燥を防ぐことをおすすめします。
夏場でも冷房の影響で肌が乾燥してしまうので、ウォーターミストを顔にかけたり、水を飲んで内側から水分補給したりして、肌を乾燥から守りましょう。

表情筋を鍛える

表情筋が衰えると筋肉が皮膚を支えられなくなり、皮膚が下がってしわやたるみができてしまいます。
顔の筋肉を動かすことで表情筋が鍛えられるので、鏡を見ながら表情筋のエクササイズをしましょう。
簡単にできるエクササイズをいくつかご紹介いたします。

  • 口に空気を含んで目一杯ふくらまし、1分間キープする。これを1回3セット行う。
  • 「あ」と発音するときのように口を大きく開く、「い」と発音するように口角を思いっきり上げる、「う」と発音するように口をすぼめる、これをそれぞれ10秒ずつ行う。
  • 目を軽く閉じてゆっくりとまぶたに力を入れ、目をギューッと閉じてそのまま5秒キープ。
    少しずつ力を抜き、次は目を大きく見開いて5秒キープ。これを1回5セット行う。

しわやたるみが気になる女性であれば、誰でも肌の若返りを望んでいるものです。
しわやたるみでお悩みの方は、切らないたるみ治療ヒアルロン酸注射を行っている当院へご相談ください。
当院ではボトックス注射レーザー治療など、様々な治療方法をご用意しており、お肌の状態に合わせて最善の治療法をご提案いたします。

問い合わせフォーム

ページトップ

クリニック紹介
診療科目

今月のキャンペーン

アクセス

ご予約・お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら

03-5464-1656

住所:〒107-0062
東京都港区南青山5-14-7
アヴァン南青山B1
銀座線、半蔵門線、千代田線
表参道駅 B1出口より徒歩7分

アクセスはこちら