保険診療 皮膚科一般当院で相談ができる皮膚症状の例

Case 悪性のほくろ(がん)?→→→まずは皮膚拡大鏡で検査を・・・

ダーモスコープ(Dermoscope)は別名デルマトスコープとも呼ばれ、皮膚を拡大して診察するための道具。(ダーモスコープを使って皮膚を診る手技をダーモスコピーと呼びます。) このダーモスコープで皮膚を観察すると、色素の状態などが詳しく観察できます。

ほくろは正式には母斑細胞母斑と言い、良性の腫瘍で悪性化することは原則としてありませんが、皮膚の悪性腫瘍(メラノーマ、基底細胞がんなど)の初期にほくろに似た形態を取ることがあるため、注意が必要です。

ダーモスコープは皮膚の表面から皮膚を拡大して観察するもの。多くは“ほくろ”などの色素性疾患を「良性」か「悪性」か、を判断する手がかりとなる検査ですが、確定診断は次のステップとしての病理組織検査にて判定されますので、ダーモスコープのみで確定診断とならない場合があることをご了承下さい。

※悪性の可能性がある場合や心配な方については、一部を取り病理組織検査を行います。
※除去を希望される場合については、切除オペと同時に確定診断のために病理組織検査を行っています。

問い合わせフォーム

ページトップ

診療科目

今月のキャンペーン

アクセス

ご予約・お問い合わせはこちらから

ご予約はこちら

お問い合わせはこちら

03-5464-1656

住所:〒107-0062
東京都港区南青山5-14-7
アヴァン南青山B1
銀座線、半蔵門線、千代田線
表参道駅 B1出口より徒歩7分

アクセスはこちら